自分の望む葬儀を行って欲しい

だれしもお葬式には出席したことがあるものです。ほかの方のお葬式をみるにつけ、いずれ自分の番が来たときには、これこれこういうかたちのお葬式にしてもらいたいと、漠然とイメージされている人も多いでしょう。
自分が望むかたちでお葬式をしたいといっても、そのときには自分はもういません。どんなに実行力のある人であれ、だれかにお願いするしかないわけです。ただなんとなく、身内に「頼んだぞ」と伝えておくだけでは、なかなかうまくいかないのもまた、世の中の常になっています。
そこで、死後事務委任契約が出てきます。これは、生前に結んでおけるお葬式の契約で、お葬式の費用を含め、こまごまとしたお葬式のやり方を、ていねいに定めておくことが出来ます。
お葬式の費用は、通例遺産の中から出される場合が多いのですが、遺産分割と混合してしまって、ややこしくなってしまいがちです。死後事務委任契約では、お葬式のための費用をどこそこ銀行の口座に納めてあるのでここから支払をしてくださいと、具体的に指示しておくことができ、支払う人、つまり葬儀の主催者を指定しておくことも出来ます。
地域によっては喪主が大きな権限を持つ場合もあるため、死後事務委任契約は自分の望むお葬式をしっかりおこなえる、とても有効な方法なのです。