通夜、告別式、火葬、納骨、埋葬に関する事務

これまでは人が亡くなると葬儀や告別式などの死後の様々な手続きは、親族などが執り行うのがごく一般的でした。しかし、高齢者の単身世帯などの増加によって、誰にも看取られることなく亡くなる人などは、現在は決して少なくはない状況です。死後事務委任契約というのは、主に身寄りのない人や、親族はいても遠方に住んでいて死後の手続きに携わることができない人、親族はいても長年絶縁状態だった人などが死後の様々な事務手続きを生前に委任しておくというものです。委任契約というのは原則として委任者が死亡すると終了しますが、当事者である委任者と事務の受任者が委任者の死亡によっても委任契約を終了させない旨の合意をすることによって死後の事務を委任できるというものです。死後の事務の主な内容としては、通夜、葬儀、埋葬、供養に関する事務とその費用の支払い、生前の未払い代金の支払い、生前の住居の清掃や明渡、入居一時金などの受領、親族や関係者などへの連絡事務、日常生活で使用していた物品などの遺品整理と廃棄処分、行政や各種機関への各種届の提出などの事務があげられます。そして通常は死後事務に関する報酬や必要経費は事前に支払いを済ませるのが一般的です。