死後事務委任契約とは

死後事務委任契約とは、亡くなったあとの葬儀、埋葬などの手続きや事務を代行してくれる契約のことです。
内容は、役所への届け出や戸籍の手続き、保険や年金の抹消手続き、葬儀の手配、住居引き渡し、遺品整理、公共サービスの解約、納税手続きなどがあります。
一人暮らしの方が亡くなった場合、役所がすべて処理してくれるといった考えの人がいますが、実際のところは違います。まず遺体を引き取ってくれる親族や相続人を探し、それが見つからなかった場合などは火葬をし合葬墓などに納骨される決まりになっています。費用は税金で賄われ、また、遺品などは大家さんなどが片づけることになります。他にも、事前に葬儀屋でプランを立てていても、葬儀屋さんが役所などに届け出を提出してくれるわけではありません。また、遺言書に書いてあったとしても、遺言書の中で法的に有効となるのは、財産の配分や処分に関してのみなのです。後見人がいるから大丈夫、という人であっても任意後見契約というのは、痴ほう症などで判断が出来ない場合に契約が発動し、本人の死亡時と共に契約が終了してしまうので、実際のところ死後の面倒を見てくれる保証が無いのです。
こういった憂いを失くすためにも、こういった事務を委任できる契約はとても重要なのです。

シニア16